猫の談話室



カテゴリ:[ 暮らし/生活/ペット ]


14189件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[14531] あっと驚くため五郎

投稿者: きんとん 投稿日:2020年 8月 5日(水)21時53分15秒 M014012010193.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

ブラジャーはPカップまである。ドンだけー!




[14530] 大阪知事の欺瞞

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)21時30分26秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 大阪知事は テレビでポビドンヨードの予防効果を説明していた

ところがそれを翻意 今日は 自分の発言を翻し そんな事は云っていないなどと否定 欺瞞もいい加減にせば知事の資格はない 大阪知事が ポビドンヨードには 抗ウイルス作用があると発言したから 全国のドラッグストアからポビドンヨードが買い占められている

https://news.yahoo.co.jp/articles/10328f2c9034b0aa8c671d86098256b5e34785a9

ポビドンヨードは医療現場でも 喉の痛みを訴える患者にはイソジンうがい薬を処方しているので どれほどの効果なのか心得ている

 喉の痛みに使われている しかし 喉の痛みがない患者には使われていない ウイルス予防効果は疑わしい 喉の痛みにも、効いているのか効いていないのか効果がハッキリしない、ただの気休めのうがい薬

うがいなら水道水で充分 うがいの意味すら分かっていない うがいは喉の粘膜に付着しているウイルス・細菌を洗い流す効果 ポビドンヨードは細菌は殺せてもウイルスまで殺せるか不明 消毒エタノールはウイルスを分解 殺せる



[14529] チン型仮説

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)21時05分35秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 新型ウイルスに抵抗する チン型仮説を提唱したいと思う

ズバリ!「精力と免疫力」は「比例関係」にある 精力が漲れば 免疫力がUPする しかし精力が衰えると 免疫力も衰える

従って精力旺盛な若者は 免疫力が強く死なない しかし精力が衰えた高齢者は 免疫力も衰え ウイルスに敗れる

わたすは 歴史に残る偉大なチン型仮説を世界で最初に唱えた猫として歴史に名が刻まれるであろう だが人間どもは たかが猫のチンコロ説だと思い馬鹿にしている

しかし近い将来 必ず猫のチン型仮説が証明されるであろう 日本チンよ 精力を漲らせるのだ さすれば 必ずやウイルスの犠牲にならず、生きながらえるであろう





[14528] セクシーボイス

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)20時40分39秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 昔 あるビデオを見ていると セクシーな歌が聞こえてきた

しかし曲のタイトルが分からない 職場で20歳の女性の前で口笛で吹くと それは「ケアレス・ウイスパ―」だと教えてくれた

https://www.youtube.com/watch?v=izGwDsrQ1eQ

20歳の女性は、セクシーボイスを知っていた が22歳も年上の小生はセクシーボイスを知らなかった

50代の女性患者で、何時もセクシー セクシーばかり繰り返す女性患者がいた

男も女も、セクシーを忘れると精力が萎え もはや男が男でなくなり 女が女でなくなり ウイルスにも立ち向かえなくなる セクシーは精力の根源 セクシーが漲ると男も女も 闘魂が燃え上がり強く逞しくなり ウイルスを迎え撃つ精力絶倫となるケアレス・ウイルスぱ~~~!

 



[14527] 理解力ある韓国人

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)19時37分57秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 ある韓国人が 正当な根拠を述べている

徴用工賠償責任は 日本ではなく韓国政府にある しかし脳タリン日本識者どもは「知能が低く」幼児性なため 正当な反論すらできない 代わりに ある韓国人が 正当な根拠を述べている

https://news.livedoor.com/article/detail/18687917/

ある韓国人の見識が本当の実態 徴用工賠償は「韓国政府」が補償するのが筋

しかし当時の朴正煕・韓国政府は 日本からの賠償支援金を 経済再建費用に使い果たし 人民への補償金が僅かとなり 人民には補償していない そのため元徴用工が 日本企業に補償を求め裁判

日本は韓国政府に補償 しかし韓国政府が 人民に補償していない だから韓国政府が人民に補償すべきが正しい

韓国大法院の徴用工賠償訴訟裁判で 日本企業に賠償命令判決自体が「不当」な「二重請求」

この日韓賠償請求問題は、既に以前の投稿で経緯を紹介した

もう1度 振り返ってみよう

韓国は1948年 朝鮮半島の38度線を境に、南部が韓国となり 反日運動家だった李承晩を米国が支援 初代大統領となり 反日運動家だった為 日本が半島統治時代の損害賠償金21億ドル請求

そのため1952年マッカサーラインに準じ 李承晩ラインを引き 竹島を人質に捕り 日本に賠償請求

そのため日本政府と韓国政府が賠償を巡り1952年から日韓交渉が始まる この途上 李承晩が失脚 次は軍事クーデターで大統領となった朴正煕政となり朴正煕は疲弊した韓国経済の最優先課題に取り組む

然し再建資金がない為 共に軍事クーデターで全幅の信頼を置いていた金鍾泌に全権を委ね 日本政府が5億ドルの線を提示すれば、合意するよう指示

そして1962年の頃 韓国代表・金鍾泌と日本代表・大平正芳が東京で日韓賠償交渉

ここで大平外相は 日韓併合は正当で賠償拒否 代わりに 賠償に相当する経済支援を提示 対する金鍾泌は朴正煕大統領から日本が5億ドルの線を提示すれば合意するよう指示を受けていた為 5億ドル プラス アルファを提示

李承晩の21億ドルに比べ 約4分の1 大平外相が合意 これが「金・大平合意メモ」

そして1965年 正式に「日韓基本条約」締結

条約に付帯して 金鍾泌と大平外相の合意に基づき「韓国が日本に対する倍賞請求権」を「放棄」する「日韓請求権協定」締結

代わりに大平外相が約束していた「日本が韓国経済を支援」する「日韓経済協力支援協定」締結 この支援金が無償3億ドル 有償2億ドル 計5億ドル ・・日韓合意

そして5億ドルを 1965年から1975年まで10年間かけて韓国に支払う

ところが「経済再建を優先」させた朴正煕大統領が 日本からの無償3億ドル 有償2億ドル 計5憶ドルの賠償支援金の大部分を「経済再建」に使い果たしてしまう 其の為 韓国経済再建達成 朴正煕は「漢江の奇跡」だと称賛される

ところが日本からに5億ドルの大部分を経済再建に使い果たしたため 日本が10年間かけて1965年から1975年まで賠償支援する1年前の1974年 韓国政府が韓国議会で「残り少ない賠償支援金」を 人民に どう配分するか「対日賠償請求権補償法」を可決 「徴用工 慰安婦」は日本から報酬を得ていたとして「補償対象から外した」

だから徴用工・慰安婦に対し「韓国政府が補償していない」 これが本当の実態

徴用工は「韓国政府が補償」するのが正当な筋 日本は既に 徴用工 慰安婦の賠償金を10年掛けて支払っている 韓国大法院判決と 文在寅の不当請求

謝罪すべきは韓国政府 日本は何度も謝罪して補償もした 日本が謝罪する理由はもうない ある韓国人も同じ事を述べている 韓国人民に、謝罪すべきは韓国政府

日本識者は低能どもで マトモな反論すらできない せいぜい中学生の弁論大会、代わりに韓国人が反論している 情けない日本チンコロども 自国も防衛できない脳タリンども、さっさと糞溜めに落ちるがいい













[14526] Re: 意味不明な広告

投稿者: nat's 投稿日:2020年 8月 5日(水)18時25分47秒 p340115-ipngn200709fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.14525[元記事へ]

>  何をアピールしたいのか意味不明の広告
>
> 最近は世界規模で頓珍漢 ドイツ車は 既に時代遅れ
>
> https://news.yahoo.co.jp/articles/5be64c1e1a3b4379e697db522ea728e91090ca07
>
> ドイツ人は、日本人に次ぐ、スケベ変態民族なため連想がスケベ 少女がフロントグリルの前に立ち バナナを食う映像を少女が男性のペニスを嘗めるシーンに連想 完璧な変態民族
>
> 前方の何かを見ながらバナナを食う少女が 後方の車に気が付かず 跳ねられる瞬間に見えてしまう アウディが、少女を跳ねる車の広告

===============================================
大きなアウディにもたれて安心してバナナを食べてくつろいでいる。アウディがやさしく支えている広告

バナナ、キュウリ、ソーセージ・・・・・ 世界中でバナナを食べて居るのに (●´艸`)フ゛ハッ



[14525] 意味不明な広告

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)18時02分27秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 何をアピールしたいのか意味不明の広告

最近は世界規模で頓珍漢 ドイツ車は 既に時代遅れ

https://news.yahoo.co.jp/articles/5be64c1e1a3b4379e697db522ea728e91090ca07

ドイツ人は、日本人に次ぐ、スケベ変態民族なため連想がスケベ 少女がフロントグリルの前に立ち バナナを食う映像を少女が男性のペニスを嘗めるシーンに連想 完璧な変態民族

前方の何かを見ながらバナナを食う少女が 後方の車に気が付かず 跳ねられる瞬間に見えてしまう アウディが、少女を跳ねる車の広告





[14524] (無題)

投稿者: きんとん 投稿日:2020年 8月 5日(水)17時11分38秒 sp49-98-68-200.mse.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

開店中m(_ _)m

https://9205.teacup.com/ikiki/bbs?



[14523] 今も続く原爆の傷跡

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)16時50分13秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 原爆投下から75年 今も原爆被害を訴え続ける被災者

https://news.yahoo.co.jp/articles/20762b34f2ccd58b2fe3185e2ffdbfa66f8edcae

日本がもっと早期にポツダム宣言受諾 降伏していれば原爆投下は免れた しかし日本はポツダム宣言を無視 敗戦が濃厚になっても徹底抗戦

そのため 日本が徹底抗戦で戦争を長期化すれば米兵も犠牲者増加 日本が2度と戦争に立ちあがらないよう決定的ダメージを与えたのが広島 長崎の原爆投下

これは 日本が天皇を中心として政府・軍部・国民が一体化していた為 東条英機が戦陣訓の「生きて俘虜の辱めを受けず」により天皇のため 日本のため、玉砕しても降伏せず徹底抗戦した為

日本は世界で唯一の原爆被災国 だからこそ 2度と原爆の被災国とならぬよう 日本も核兵器保有 敵国からの核ミサイル攻撃に対抗せねば 戦争の抑止力にならない 平和ボケの日本チンども 分かっているのか

日本は原爆の被害国でありながら安全と平和維持の目的すら分っていない 学生みたいにガキでも分る ただ戦争反対 平和国を叫ぶ脳タリン

核を以て核を制する平和維持 



[14522] 尖閣を守る唯一の手段

投稿者: ただの猫 投稿日:2020年 8月 5日(水)16時03分26秒 softbank221078164001.bbtec.net  通報   返信・引用

 尖閣防衛の唯一の手段は日米一体化

日本メディア・識者どもは まだ学生時代の認識 幼過ぎる 尖閣を中國から奪われない唯一の手段は 日米安保条約の厳守 まず憲法第9条の恒久的戦争放棄を改憲 国家を防衛するため戦闘行為を認める条文に改憲

日米安保条約の下、米国と日本が一体化 米国が戦闘で日本を守り 日本も戦闘で米国を守る対等な立場にならねば 日本独自で尖閣は守れない

米軍が命懸けで日本を守り 日本は安全地帯で米軍支援 こんな「不公平」な条約が成立するはずがない 日本人は金玉の欠片もない 姑息で卑怯な民族

憲法9条がある限り 日本は米国の「妾=愛人」と同じ それが嫌なら日本はアメリカの51番目の州になってもよい そうすれば尖閣は米国領土 米国が尖閣を守る

中國に取られるか 米国に取られるか どうせ取られるなら米国がいい 米国が、もし日米同盟放棄すれば 中國が即刻 尖閣占領する 南沙諸島の人工島をみれば馬鹿でも分る
それも分からず、ああだこうだ乙女みたいな事を抜かす日本メディア・識者 こいつ等が日本を腐れチンマンカスにした張本人ども

神は自分の能力で出来ないことは 力ある者に頼り 共同で道を切り拓くよう要請している 米国軍事力がなければ 日本独自では尖閣を防衛できない 最大の理由は、学生気分の甘ったれ平和ボケがいたからである


https://news.yahoo.co.jp/articles/b9eafbf19234adf971a790cc9f1ca4135f1792a7?page=3

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200805-00191817/

日本男どもは1000回金玉を蹴上げ 日本女どもは100回 ケツをシバキ上げ 甘ったれた性根を叩き治さねば尖閣は必ず 中國が奪う さらに日本本土も侵略する かって日本が中国侵略した為 当然


レンタル掲示板
14189件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.