猫の談話室



カテゴリ:[ 暮らし/生活/ペット ]


2063件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1992] 次の疑惑

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)19時33分6秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

 ・・・次は第2の疑惑・・「なぜ真空の空間を 光(電磁波)が伝わるのか」 お応えします

これは現代科学でも「実態が解明されていません」

かって、ニュートン時代 光(電磁波)は「波動特性」を持つ「波」だと考えられ 真空の空間を「電界」と「磁界」を交互に発生させる「波動形式」で 真空の空間を伝播すると考えられていました

ところが、アインシュタインは 光を金属板に照射すると 波長の短い(周波数の高い)・・エネルギーの大きい光を 金属板に照射すると 金属板から「電子」が飛び出すため 光は、波動特性だけでなく「粒子特性」をも持つと仮説します

これが「光量子仮説」です この光量子仮説が「量子論の発端」になります

そして 光量子仮説が「光電効果」として・・ ナッツくんが得意なエレクトロニクス分野の「真空管」が開発されます

アインシュタインは この「光量子仮説」によりノーベル物理学賞を受賞します(相対性理論で 受賞したのではありません)

ですから 光(電磁波)は 真空の空間を どのような仕組みで伝わっているのか まだ疑惑の儘に置かれています

理由は「空間を伝播する光」を「光」で「観測できない」と云う 鉄壁の法則があるからです

つまり 空間の「物体」は「光」で観測できます

しかし 空間の「光」は「光」で「観測できない」ので 光が空間を どのような仕組みで伝わるのか 疑惑の儘に置かれています

この疑惑に付いては ただの猫には応えられません・・ ごめんなすって!ちょうだいませませ~~!












[1991] 猫がお応えします

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)18時59分38秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

  >「ブラックボックス」と言いますが「箱の中の仕組み」は解らないのですが「箱の中でこの様な仕組みがあると言う簡略(概念)した仕組み」で説明されている。

光は粒子だとすると引力の影響を受ける。波だとしても粗密波で伝わるとしたら何らかの空気の様な物質に満たされていなければなりません。

マックスウェーバーは電磁波理論で光が伝わる理屈を説明していますが・・・


・・・要点が分からない能タリン識者が多いと云うのに ナッツくんは、素晴らしい要点に 気付かれています

  これらの疑惑に付いてお応えします

その前に 人間どもは嘘を吐き人を騙しますが 猫は、嘘を吐いたり人を騙しませんのでご安心ください

では早速 第1の疑惑に付いてお応えいたします

第1の疑惑・・・「ブラックボックス」と言いますが「箱の中の仕組み」は解らないのですが「箱の中でこの様な仕組みがあると言う簡略(概念)した仕組み」で説明されている


これは ズバリ! 量子論の先駆者となる「シュレディガーの猫」であります

シュレディガーは 猫を箱の中に閉じ込め この猫が生きているのか 死んでいるのか問いかけます

ここで

1)箱の中に「猫を入れる様子」を「見た人」は・・・箱の中は 猫だ!と応えます

2)次に「箱の中に猫を入れる様子」を「見ていないただの猫」が登場・・・分んにゃいにゃ~~! と応えます

では 人間と ただの猫の、どちらが本当の事を言っているでしょうか?

箱の中に「猫を入れる様子」を「見た人間」は この様子が「頭の中に記憶」されます

そのため 頭の中に「記憶された事象(箱に猫を入れる記憶)」を感覚の投影により 前方の箱の中に宛がい 猫が入っている と応えます

何度も図示した仕組みです

 箱の中(記憶された猫)

  ↓
  猫<----感覚の投影―――(脳の中に記憶された猫)


このように「頭の中に記憶された事象(猫)」を 感覚の投影により 前方の箱の中に宛がい意識するので 箱の中は 猫だ! 応えます

しかし ただの猫は「箱に猫を入れる所」を「見ていない」ので「頭の中に記憶がない」

ですから 上図のように「頭の中の記憶がない」ので 感覚に投影ができず「箱の中身は分りません」


これが量子論が導いた「答え」です 以下が 量子論の答えです

「観察した時」に「実在」となる

つまり 量子論では「観察した時」に「事象が誕生」する と述べています

これが量子論の云う「実在の揺らぎ」です つまり量子論は「実在が揺らぐ」=「実在が曖昧になる」・・と云う意味です

これが 今回「初めて観測」された「ブラックホール」です

意味が お分かりでしょうか?

今回「初めて観測」されたブラックホールは 上述したように「学者の頭の中」には ブラックホールの「記憶が在りません」

だから「ブラックボッイクス」になっています

では ブラックホールは 何処にあるのか 学者の「脳が創造した事象」になります

つまり ブラックホールは「学者の頭の中に存在する創造事象」になります これが量子論と 脳の特性が出した答えです

つまり ブラックホールの事象は 電波干渉計が創造(合成)した「創造事象」になります

この電波干渉計が創造(合成)したブラックホールの映像を 学者たちは「感覚の投影」により 前方の5500光年の空間に意識してしまい 5500光年の彼方に、ブラックホールが「実在している」と信じています


・・・次は第2の疑惑・・ なぜ真空の空間を 光(電磁波)が伝わるのか お応えします












[1990] 美術品は権力の象徴

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)17時05分54秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

  美術品は、権力の象徴となる

まず、西洋植民地化政策「英国」の「ヴィクトリア女王」が 民間人にも「私略船」を認め「官民」で他国を侵略し 他国の領土や 美術品などの財物を略奪する

そして栄光の大英帝国となる この時 「他国から略奪した美術品」などの財物が展示されている所が「大英博物館」

他方 フランスのナポレオンが オランダを侵略 弟をオランダの国王に擁立する そのため追放されたオランダの国王が、英国に対し オランダの領土や美術品などの財物をフランス・ナポレオンから略奪されないよう保護して貰うよう要請する

この時 ナポレオンが略奪した美術品が「ルーブル博物館」に展示されている

ところが英国は、略奪で財を成す国 オランダ国王の要請を受諾したように見せ掛け「オランダの国旗」を掲げた「英国戦艦フェートン号」を長崎に派遣

オランダが植民地化しようとしていた日本(江戸幕府)を、英国が独占的に植民地にする為 薩長同盟を支援

さらに、1939年 ドイツ・ヒトラーが、第2次大戦を引き起こし 欧州侵略 ここでヒトラーは画家を志望していたせいか 美術品に憧れ、親衛隊に西洋各国の美術品を略奪するよう命じる

他方、オランダ人で美術品コレクターの「ピーター・メンテン」と云う富豪が 「ナチス親衛隊」に取り入り ユダヤ人 ポーランド人 約1000人を銃殺し ユダヤ人 ポーランド人から美術品を略奪する

そして戦後 ピータ―・メンテンは 罪を問われ裁判に掛けられるが 美術品収集で財を成していたため金の力で無罪を求めるが 結局 有罪 高齢となっていた為 老人性痴呆症に罹り 以後、死亡

ヒトラーは、美術品を求め 親衛隊に欧州の美術品を略奪するよう命じる そして貨車に満載する程の美術品をドイツに搬入しようとする

それに対し ユダヤ人をナチスから守るため 1人の男が ドイツに搬入される美術品を満載した貨車を阻止する これが映画化されたのが バート・ランカスター主演の「大列車作戦」

https://www.youtube.com/watch?v=F3OlJOmOJQ4

美術品を奪おうとするヒトラー それを阻止しようとする男の物語

さらに 中華民国 国民党の蒋介石は ドイツ製の武器弾薬を ドイツの武器商人 ジョン・ラーべから購入していた つまりヒトラーと蒋介石は親睦関係だった

 これは、中華民国を侵略していた日本軍にとって すなわち ドイツが中華民国にドイツ製の武器弾薬の輸出は、都合が悪い

そのため日本政府はヒトラーに対し 中華民国に武器弾薬を輸出しないよう要請する それに対し ドイツと日本は 日独伊3国同盟 ヒトラーは 日本の要請を快諾する

そのため国民党軍は 武器弾薬が欠乏  ソ連が支援する中國共産党軍が優勢となり 戦後の1949年 敗北した国民党の蒋介石が 台湾に逃亡する際 「紫禁城」に保管されていた美術品などの財物を台湾に運び 台湾にも故宮博物館を作る

紫禁城に集められていた美術品などの財物は シナの「歴代の皇帝」が「収集した美術品」

そして清の時代 満州族の皇帝だった愛新覚羅・溥儀を 漢族の孫文が辛亥革命で打倒を試みる

ここで 清の軍人だった「袁世凱」が 仲介役となり、「紫禁城」に居住していた清の皇帝愛新覚羅・溥儀に対し「革命軍に政権を移譲」するよう説得する その条件として、愛新覚羅・溥儀の王族は「紫禁城に居住したままでよい」と云う条件で 孫文の革命軍に政権を移譲させる

ところが孫文は、中華民国を建国した為 皇帝の愛新覚羅・溥儀は 紫禁城から「追い出される」

その後 紫禁城は 歴代の皇帝が収集した美術品を展示する「故宮博物館」になる

そして戦後1949年 国民党が中國共産党に敗れ 台湾に逃避する際 蒋介石が 紫禁城の美術品などの財物を 台湾に運搬 台湾に故宮博物館を作る

以上のように美術品は「権力者のシンボル」となる

だから英国の大英博物館も フランスのルーブル博物館も 中國の故宮博物館も 台湾の故宮博物館も 美術品は「権力の象徴」になって展示されている

美術品収集家は「美術品を権力の象徴」にし 自己の優越感に浸るため収集



[1989] 美術品に執着した権力者

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)15時31分54秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

  今日のニュース


「ヒトラー」「蒋介石」権力者に交通する「正統性」への欲望


4/15(月) 12:00配信


美術品は、移動する。それは、美術品が一部を除いて、土地や建物のような不動産ではなく、動産であるからだ。その特性は、美術品に多国籍性と、国際マーケットで活発に取引される財産の地位を付与し、多くの国をまたいで売買されたり、贈与されたりしている。

 だが、美術品の移動にはもう1つの形態がある。略奪である。

略奪美術品(文化財)の問題は、決して目新しい話ではない。いつの時代も美術品は略奪を繰り返されながら、その価値を高めていった。英国が誇る大英博物館に置かれている中東・アフリカ・アジアの膨大で貴重なコレクションには、広い意味で略奪美術品と言えるものが多数含まれている。

 大英博物館と並んで「泥棒美術館」との悪名をいただくフランスのルーブル美術館もまた、ナポレオン・ボナパルトがヨーロッパ征服のなかで略奪した品々を飾っている。ドイツ文学者の中野京子氏は、ナポレオンは「当然のように各地の城や邸宅から膨大な数の絵画や彫刻、発掘品や工芸品を強奪した」と言う。その結果、いまのルーブルの豊富なコレクションが生まれた。


■美術品略奪と「正統性」

 まもなく日本で公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は、まさにこの略奪美術品をテーマにした野心的な作品だ。なぜ野心的かと言えば、ドキュメンタリー作品でありながら商業性を失わず、しかも、ナチスによるユダヤ人迫害というたいへん重く、同時に、手垢のついたテーマに挑んでいるからだ。

 ナチスは国内や征服した外国の富裕層ユダヤ人に目をつけ、彼らが保有する美術品や工芸品を狙った。無理やり奪ったケースもあるが、大掛かりなものはあくまでも「合法」の名の下に、自らの協力下にある美術商を通して「格安」で買い取った。ユダヤ人の国外退去を認める、という餌をちらつかせながらの半ば強制的な利益交換だった。

 その作業には、アドルフ・ヒトラーのみならず、ヒトラーの腹心中の腹心だったヘルマン・ゲーリングがのめり込み、ヒトラーと争いながら美術品を集めるようになった。

 この映画のタイトルは「ヒトラーVS.ピカソ」だが、「ヒトラーVS.ゲーリング」という角度からも楽しむことができるだろう。ほかにも、稀代の贋作家ハン・ファン・メーヘレンが、人気作家フェルメールの贋作をナチスにつかませるくだりは爽快だ。

 そんな秀逸なエピソードが満載のストーリーは映画館で楽しんでもらうとして、私がここで語りたいのは、指導者がどうして美術品を手元に置きたがるのか、という問題だ。

 それは、正統性(レジティマシー)をいかに指導者が欲するのか、という政治行為の根本に関わってくる。「正統性」はわかりやすく「権威」と言い換えてもいい。


■「もう1つの故宮」を建造した蒋介石

 私がかつて著書『ふたつの故宮博物院』(新潮社)で指摘したように、前の政治権力を力で覆すような成功を収めた指導者が、その次に欲するものは正統性である。

 恐怖政治で無理やり正統性を確立しようとする者もいるが、芸術の保護者になることで権威を手にしようとする者もいる。文化は正統性の証明にされやすい。そして、文化はコレクション(収集品)によって象徴される。コレクションは一代では完成しない。そこには世代を超えた蓄積があり、正統性の源泉になる。権力者は一夜にしてそのコレクションを手中に収め、自らの権威を確立しようとするのだ。

 その行動様式を堅実に実行へ移したのがヒトラーであり、ほぼ同時代を生きた近代中国の指導者、蒋介石だった。

 国共内戦で毛沢東の共産党に敗れた蒋介石は、再起を期すために台湾に渡った。その際、紫禁城から南京に戦火を逃れて移されていた66万点の故宮文物を、大型貨物船で台湾に運び込んだのである。その後、北京とは異なるもう1つの故宮博物院を建造し、文物を収蔵した。

 共産党はこの故宮があるおかげで台湾に爆弾を落とせない、とまことしやかに語られた時期もあったが、爆撃云々よりも蒋介石にとって重要だったのは、中華文明の精髄を集めた故宮コレクションが、共産党ではなく国民党の手の中にある、という事実であった。

 それによって自身こそが「中国国家」の継承者であるという正統性を、中国人民や国際社会に向けてアピールしようとしたのだった。つまり台北の故宮は、もともと大陸反攻のためのプロパガンダ機関だったのだ。


■ピカソの位置付けは特別

 本作で明らかにされるヒトラーの美術品略奪の目的も、正統性の確立にあった。ヒトラーにとって重要だったのは、ナチスがヨーロッパ世界の支配者であることをいかに証明するか、ということだった。そのため彼は、自らの故郷であるオーストリアのリンツに、ナチスを象徴する美術館を作ろうとしていた。あたかも蒋介石の故宮博物院のように。

 ヒトラーは「大ドイツ芸術展」に「良い芸術」を集めて賞賛し、一方で、「退廃芸術展」で「良くない芸術」を晒し者にした。元画家志望の男は、才能が認められなかった怨念を、芸術の頂点に自らが君臨することによって晴らそうとしたのであろう。

 蒋介石が大陸反攻の目的を達せずに世を去り、故宮文物は台湾にとどまった。だが今日、故宮は台湾きっての観光名所となり、多額の富を台湾にもたらしている。ヒトラーの野望が破滅したのと違って、蒋介石の率いた中華民国は、大陸からの統一圧力にさらされながらも、いまも存続している。




[1988] 元号に待った!

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)15時22分42秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

 今度は 元号そのものに苦言を呈する識者が 待ったを掛けた

そんな識者がいても当然 元号とは 絶対権力者の天皇が中心となり治世を治める年号 自由と民主主義の日本で、元号があること自体が 時代遅れの天皇君主制

ところが大多数の日本人は 自虐的マゾ変態なので 元号を慶び勇む

 元号ニュース

<「令和」に待った! 矢崎泰久さんら元号差し止め求め提訴>


4/15(月) 10:41配信


新元号は「令和」と決まった。エイプリルフール(4月1日)に発表されメーデー(5月1日)に施行されるという、それだけでも冗談みたいなイベントにネットはもちろんマスメディアも大騒ぎの様相を呈したが、元号自体の是非はもとより、これでまた西暦との照合が面倒になるなど、国民生活の隅々に及ぶ不便が懸念される。

 そうした中で3月27日、天皇の即位のたびに元号を制定するのは憲法の精神に反するとして、国に元号制定の差し止めを求める訴訟が東京地裁に起こされた。原告は本誌でもお馴染みの矢崎泰久さん(86歳)と弁護士の山根二郎さん(82歳)、会社役員で元国家公務員の北原賢一さん(70歳)の3人。元号の制定を違憲とするこうした訴訟は初めてのことだという。

 提訴後に行なわれた記者会見で、山根さんはまず「元号の制定は国民が個々に有する『連続した時間』を切断・破壊するものだ」と切り出した。

すなわち、国民は西暦を時間の尺度とする「世界史の時間」に自分の個人史の時間を重ね合わせて生きている。元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害するとの主張である

世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である、と。

 そもそも1979年制定の現行「元号法」にはその制定目的が何も書かれていない。

確かに憲法は第1条で天皇について定めているが、元号を制定すべしとする理由はどこにもない。

明治憲法とともに制定された旧皇室典範では天皇を日本の絶対的統治者(主権者)としたが、国民主権を根本原理とする現憲法の精神に今の元号法は反し、違憲であるというわけだ。

【元号施行後も「無効」を主張 世の中に広範な問題提起を】

 矢崎さんは「日本の民主主義を実現しようとする中で、天皇制がずっと妨げになってきた。明治・大正・昭和・平成と、天皇の政治利用が行なわれてきた一つの象徴が元号制であり、これらも含めて皇室が持っている権限を少しずつ減らしていかなければならない。その一助になれば」と今回の訴訟に委ねた自らの思いを力説した。

 北原さんは「私にも昭和生まれと平成生まれの子どもがいる。元号によって例えば子どもたちの中でも『あの子は昭和生まれだ』といった呼び方が生じる。そうしたものでも差別の遠因にもつながりかねないし、これから国際社会を生きていく中で元号というものが不合理なものになっていくのではないか」という懸念を表明した。確かに日常生活の隅々における、そうした元号の使われ方、そこから生じる煩わしさや不合理が、日本に暮らす人びとの意識に深層から箍をはめていってしまうところは多分にあるだろう。

 無論、現実的には裁判が始まるのはすでに新元号が制定された後になる。記者会見では「差し止め仮処分の申し立てはしないのか」という質問も出たが、山根さんはそれは行なわず「裁判が始まった段階で『新元号は無効である』と訴えを加える」という。

あくまで前記したような制度自体の問題点に迫りつつ、5月1日以降も引き続き問題を世に問い続けたいとの意向を語っていた。

 また、40年前に現行の元号法が制定された当時の議論についての言及が訴状には見られないがとの質問も会見では出たが、山根さんは「そうした以前からある議論についても今後の裁判の過程で自ずと立証されていくと思う。

今回は先にも述べた、元号法が私たちの人格権の基盤となる時間の意識を切断している、という部分を明確に打ち出したいと考えた」と説明する。

過去の象徴天皇制の是非をめぐる議論のみに限らない、元号をめぐる自由闊達な言論を世の中に喚起したいということだろう。良くも悪くも「元号」への関心が若い世代も含めて増している時期だけに、この裁判が貴重な議論の契機となることを期待したい。




[1987] 云い忘れ

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)13時56分55秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

 天皇が 臣下(官僚)に下した「官吏服務令」も命令の令、

この官吏服務令とは 臣下である官僚たちが、天皇の支持に忠誠を誓わせるための「服務」・・「服従させる任務」を命じた令

日本の官僚は天皇の官吏服務令に忠誠を誓っていたので 戦後 GHQが天皇の戦争責任を追及するが 天皇に忠実だった官僚達が「天皇を護り通す」 だから、天皇の戦争責任が立証できず、東京裁判で天皇の戦争責任が追及できなかった そのため 天皇の全権を剥奪 無力なシンボルに格下げする

この天皇の官吏服務令は 直臣の官僚に課した令で これが国家公務員 地方公務員に課せられた「官吏服務規律」

つまり公務員は「官吏服務規律」を遵守し、仕事を行っている つまり公務員の「仕事」とは「官吏服務規律を守る」のが仕事

だから市役所などの公務員は 規律ばかり遵守し 国民の意向を無視したり、常識性が 一般国民とは合わない

このように「令」とは 天皇に服従し 天皇の命令を受ける臣下や国民に対する令

令和天皇の「令和」は 天皇が国民に「命令を下す令」の令和になっているから 外国人識者が 国粋主義だの軍国主義の再来だの評価したり ある日本人識者が令和の意味に苦言を呈している理由

明治、大正 昭和 平成は 天皇が命令を下す意味などなく問題にならなかった






[1986] はっきり言う 安部内閣は おバカの見本市か?

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)13時25分13秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

 これは ある識者が述べたセリフ

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190415-50638104-aspa

この識者は 元号(令和)の意味に拘り 安部内閣をおバカの見本市か?と発言

これは有識者と安部内閣が、令和の「令」の「意味」を熟知せず決めた為の非難

「令」の由来は 秦の政と云う男が 他の、楚 趙 燕 韓 魏 斎 の6諸国を統一 自らシナで始めての「秦の始皇帝」となり 6諸国の王たちを従え 始皇帝に服従するよう指示を下す

これが、命令の「令」の始まり

そして 次の「漢の時代」 中華(漢族の皇帝の事)こそが世界文明の中心とする「中華思想」に発展 そして漢の武帝が タクラマカン砂漠を越え西域3600kmの他国を支配する

この時に 新疆(ウイグル族) チベット(チベット族)を制覇支配し さらに朝鮮半島 安南(ベトナム)も支配する

この漢の時代の「後漢」の頃 日本(倭国)の奴国の王が、西暦57年 後漢の皇帝に服属する この証印が 福岡の志賀島で発見された「後漢の皇帝の臣下」を表す王爾の金印(漢委奴国王)印

王爾とは、シナの皇帝の臣下として「王の地位」を証明する王の印鑑の事

さらに西暦173年、邪馬台国の卑弥呼が 後漢の皇帝が支配していた朝鮮半島の帯方郡に使節を送り シナの皇帝に従属

このように シナの皇帝が他国を支配し 従属させたのが命令の「令」

そしてシナは「隋の時代」 日本は飛鳥時代 聖徳太子が遣隋使に「日いずる処の天子 日没する処の天子に致す 恙なききや」の書簡を送る

これは聖徳太子が 隋の皇帝を「見下した書簡」で 日いずる処の「天子」とは 日本の最高指導者のこと 日没する処の「天子」とは 隋の皇帝の事

ここで「天子」の文字に留意 この天子が 後の「天子=天皇」になる

そして次の唐の時代 朝鮮半島は 高句麗 新羅 百済の3韓時代 新羅が3韓を統一する為 唐と連合を組み 高句麗 百済を滅ぼす

この時 日本は飛鳥時代 百済と親睦関係だった「中大兄皇子」が 百済に2万7000の援軍を送るが、白村江の戦いで大敗

ここで唐の皇帝は 中大兄皇子を 思い上がった不埒な輩として罵倒する そのため中大兄皇子が 唐の皇帝に対抗すべく 日いずる処の天子 日没する処の天子(唐の皇帝)に対抗し 天子(天皇)を称号し 天智天皇になる

そして西暦645年 天智天皇が「大化の改新」 ここで「日本で初めての元号」である「大化」の元号ができる

つまり天智天皇が シナの皇帝のように「天皇を中心とする中央集権国家」の日本を作る

つまり「元号」とは「天皇を中心」とする「中央集権」の国家を意味する元号

だから

元号が「明治」の時代は「明治天皇」

元号が「大正」の時代は「大正天皇」

元号が「昭和」の時代は「昭和天皇」

元号が「平成」の時代は「平成天皇」

と云ったように「元号が天皇の称号」になっている 次の元号が令和なら「令和天皇」になる

これが天皇が「全権を掌握する中央集権国家」 だから終戦前まで 日本の天皇が絶対権力者で 国民は天皇に盲従していた

令和の「令」とは 天皇や天皇の跡継ぎとなる皇太子が 臣下に命令するのが「令」の意味

シナでは歴代の皇帝が臣下や他国の王に下していた支持が命令を下す「令」

日本でも大戦末期 天皇の勅旨として下された「令」が「国家総動員令」による徴用 徴兵 ・・召集令状の「令」 天皇の令だった為 拒否すれば国賊になっていた

ところが 愚かな有識者が 令の成り立ちも分らず 万葉集の「令月」から抜粋 能タリン識者












[1985] 火病

投稿者: ただの猫 投稿日:2019年 4月15日(月)09時30分23秒 softbank221078166096.bbtec.net  通報   返信・引用

 >良く解らないのですが「火病」では無いのでしょうか?

・・・火病とは 韓国民族が「感情的に激情」しやすい民族性の事

韓国映画ドラマを観ていれば馬鹿でも分る 感情表現が過剰で 主人公の男優が人目も憚らず 鼻水を垂らし ヨダレを垂らし号泣する

感情表現が露骨 対する日本民族は 感情を抑制するのが美徳とする民族 だから品格ぶった民族に見える 鈍感な民族にも見える

朝鮮半島は 長年 シナの皇帝から冊封体制に置かれ服属されていたが 半島の国王を臣下に置き「独立性」は認めていた だから半島は中華思想に準じ 小中華思想国になりシナに準じていた

朝鮮の原点となる李成佳も、明の皇帝に服属 李成佳が提案した朝鮮の国号を明の皇帝が指定 李氏朝鮮の国号は、明の皇帝が授けた国号

豊臣秀吉の朝鮮出兵時 李氏朝鮮は、卑劣で情けない国王で明の皇帝に援軍を要請 さらに明への亡命を要請するが 明の皇帝は 自国も守れない国王を冷遇する

他方 北方の女真族(満州族)のヌルハチ(愛新覚羅溥儀)が後金を築き 明と対立

ここで李氏朝鮮の王室(朝廷)は 明に味方すべきか 後金(清)に味方すべきか迷う 朝廷の官僚たちは従前の明に従属した方が懐柔させずに済むと国王に進言する

他方 明の皇帝は 朝鮮の国王の跡継ぎは 国王と正室に出来た嫡出子でなければ跡継ぎに認めなかった つまり国王と側室にできた非嫡出子の光海君を跡継ぎに認めなかった為 光海君は 後金(清)に付く

姑息で情けない国王が 庶民を見捨て自分の安全ばかり考え、安全な所に逃避するため 光海君が李氏朝鮮を国王に代わり守る そのため庶民が光海君を国王として支持 李氏朝鮮の国王となる

そして明を滅ぼした後金が清となり、満州族がシナの皇帝となり、李氏朝鮮は清に服属する ある識者は 秀吉の朝鮮出兵で 明が援軍を送った為 国力が弱まり明が滅亡したような事を述べているが誤解

明は 秀吉が朝鮮出兵する前から既に衰退に向かっていた だから秀吉は衰退していた明を征服するため朝鮮出兵

つまり朝鮮半島は 古朝鮮時代 次の高句麗 新羅 百済 の3韓時代 さらに高麗時代 さらに次の李氏朝鮮時代まで シナの皇帝に懐柔され隷属化され さらに日清戦争後 今度は日本に懐柔蹂躙

朝鮮の歴史は「他国から懐柔蹂躙」され続けた被害国の歴史

だから民族的に他国からの懐柔には「過剰なほど被害者意識」が敏感になり、感情的な民族になる

だから 韓国が、日本統治時代を非難して当然 日本人は「加害国」の立場であるから 被害者の「痛み」が分っていない

日韓併合により半島の「独立性を奪い」 半島人が半島人でなくなり半島人の尊厳が奪われ 天皇の臣民にさせられ魂まで懐柔される

そういった半島の傷が分からないプライドの高い東大出の識者が、高慢な見方を述べている

日本は 戦後 米国から統治されるが マッカーサーは 「アレキサンダー シーザー ナポレオンのように 力で支配しない 悪者になりたくないからだ」と述べたように 日本を、力で蹂躙していない「融和的」に統治している

だから日本は、米国統治の被害国ではなく、米国から「恩恵」を受けた国で 「蹂躙統治された経験が1度もなく」半島人の痛みが分からない

だから能タリン識者だと云っている 人の痛みがわからない者が能タリン 人の痛みが分かる人が利巧












[1984] (無題)

投稿者: nat's 投稿日:2019年 4月15日(月)09時19分39秒 p1408135-ipngn201008fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

デキない男が必ず質問で使う「3つの言葉」
重箱の隅をつつき会話のラリーが続かない

https://toyokeizai.net/articles/-/102358?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related



[1983] (無題)

投稿者: nat's 投稿日:2019年 4月15日(月)09時16分57秒 p1408135-ipngn201008fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

「中途入社組がすぐ辞める」日本企業の深刻実情

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00276402-toyo-bus_all&p=1

新卒は働くや社会や会社の事も良く解らないので、そこら辺から教育して行くと思いますが
中途採用を同じ様にすると問題が発生すると思います。


レンタル掲示板
2063件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.